施工法でこんなに変わる!?スピーディーに防水工事を終えられる施工法

スピーディーに完了できる防水工事

少しでも防水工事を早く終わらせるために、スピーディーな作業が望める施工法をここでチェックしましょう。

効果を持続させるためにはメンテナンスを行なうこと

作業スピードが早い施工法の中には、「耐久年数が短い」という特徴を持つものもあります。耐久年数が短めの施工法で防水工事を行なうのであれば、使用期間が少しでも伸びるように、メンテナンスをすることを心がけましょう。施工から5〜10年の間は、目視によるチェックで構いません。ヒビ割れや凸凹などによる変化や傷みが見られたら、保護塗料を上から塗り、さらにその上からコーティング剤を塗るようにしましょう。そして、防水工事を行なって10年が経つ辺りからどんどん経年劣化が進み、雨漏りや漏水が起こる可能性が一気に上がります。10年くらい経ったら、一度専門業者に見てもらうことをオススメします。

TOPボタン