防水工事における大まかな施工期間を知っておこう

防水工事をスピーディーに行なうために知っておくべき施工期間

防水工事にかかる日数は、工法の違いによって異なります。工事をスピーディーに終わらせるためにも、施工期間の大まかな長さを知っておきましょう。

防水工事業者に聞いた施工期間に関するあれこれ

アパートの防水工事をしてほしいのですが、どのくらいの期間で完了しますか?
防水工事の施工期間は、主にどこを施工するかによって決まります。屋上やベランダ、外壁などは雨漏りが起こりやすく施工箇所となる可能性が高いですが、その中でも屋上は施工期間がやや長くなる傾向にあります。なぜなら、屋上部分は工事する面積が広くなり、かつ下地処理も作業工程に含まれるからです。結果的に数ヶ月かかってしまうこともあります。ベランダのような比較的狭い場所の施工であれば、数週間で済むと考えるとよいでしょう。
施工法によって期間の長さは変わりますか?
変わります。例えば、塩化ビニールやゴムシートなどを使った防水素材のシートを使った工法は割りと短い期間で工事が完了しますが、アスファルト防水は作業に手間がかかってしまうため、どうしても施工期間が長くなってしまいます。また、施工法によって耐久年数や料金なども異なるので注意してください。
天候にも左右されますか?
防水工事は基本的に屋外で作業が行なわれるので、天候次第では作業が中断されることもあります。基本的に雨が降っていると作業を進めることができないです。業者側に「スピーディーに作業を進めてほしい」という旨を伝えれば、天気などに応じた作業効率の良い工事計画を立ててくれるかもしれません。

防水工事の施工期間は、このように様々な条件によって変わってきます。少しでも早く作業を終わらせたい場合は、施工法や工事計画などをじっくり考え、業者側の担当者にも相談しながら決めていくとよいでしょう。

TOPボタン