防水工事の施工法別の作業料金相場【作業スピードとの関係あり?】

施工法別の作業料金相場を確認しよう

防水工事の作業料金は、施工法によって異なります。ここで、施工法別の作業料金の相場をチェックしてみましょう。

防水工事の作業料金を安く抑えるには

防水工事の主流の施工法であるウレタン防水工事は、作業料金がとても安く、工事費や人件費などを含め3,800円〜7,000円ほどで済みます。ただ、これはあくまで相場となる額なので、施工する場所や使用する塗料の種類などに多少左右されます。施工期間が短く、耐久性にも優れているFRP防水工事は、他の2つの施工法と比べるとやや料金が上がってしまいます。

施工法や施工場所などによって作業料金が変わってくる防水工事ですが、実は作業料金を安く抑える方法というのが存在します。まず、業者の担当者に「作業料金をなるべく安く抑えたい」ということを伝え、その後防水工事を行なう上での最低限の希望条件を伝えます。そうすれば、担当者が古いタイプの塗料材や過剰在庫などを使うことの提案や、その他コスト削減が望める提案をしてくれるので、全体的な作業料金を大きく削れるようになります。また別の方法として、複数の業者に同じ内容の施工法を依頼して見積もりを比較する、「相見積もり」を行なうというやり方もあります。

比較的スピーディーに行なえる防水工事は、施工法の内容的に、作業料金が安く済むものが多い傾向にあります。業者に相談すれば、さらに料金を抑えられるかもしれません。業者に相談しながら、短期間で、かつ安く済ませられる防水工事を計画しましょう。

TOPボタン